光・レーザーに関する国際会議『OPIC(OPTICS & PHOTONICS International Congress) 2012』の論文投稿募集中!―――締切日:2011年12月20日―――

20110913-OPIClogo.jpg

既に案内の通り2012年4月25(水)~27日(金)パシフィコ横浜・会議センターにおいて光とレーザーに関する国際会議『OPIC(OPTICS & PHOTONICS International Congress) 2012』が開催されます。本Congressは弊社が毎年春に行っている展示会『OPIC(OPTICS & PHOTONICS International Exhibition) 2012』と同時開催で行われるもので、来年から毎年開催が決まっています。
本Congressには 「先進レーザーと光源技術」、「レーザーディスプレイ」、「レーザー医療」、「高エネルギー密度科学の応用」、「レーザー核融合エネルギー」、「CFRP等複合材料のレーザ加工」という6つの専門の国際会議があり、論文投稿はそれぞれで募集を行っております。
ご関心のある方は是非応募してください。
■論文投稿〆切は 12月20日となっており、詳細情報や、Web投稿、参加登録は以下のOPICのWebサイトからアクセスできます。
http://opicon.jp/
「先進レーザーと光源技術」
「レーザーディスプレイ」
「レーザー医療」
「高エネルギー密度科学の応用」
「レーザー核融合エネルギー」
「CFRP等複合材料のレーザ加工」
*****************
【OPIC概要】
OPTICS & PHOTONICS International Congress 2012
■本国際会議の開催趣旨
レーザーの出現50年を経て、光・レーザー技術は飛躍的な発展をみせ、科学技術・産業技術のあらゆる分野の基盤技術となりつつある。21世紀は光の時代といわれるゆえんである。この時に当たり、世界各国の光・レーザー技術を基盤とした学術および産業の最先端を集結し、学術発表と技術展示を併設することにより光・レーザー技術により、齎される具体的な未来社会への指針を得ることを目的とする。
1994年よりレーザー学会主催で毎年開催してきた展示会「Laser Expo」等を含む日本最大級の光関連合同展示会「OPTICS & PHOTONICS International Exhibition」との同時開催を計画している。光技術・光産業の振興により、科学技術に立脚した我が国の産業を継続的に発展させるため、日本の学術研究者の総力を挙げて開催する唯一の光関連の国際会議と位置付け2012年より毎年開催する。
■日時
2012年4月25日(水)~27日(金)
■場所
パシフィコ横浜・会議センター
■組織
Congress Chairs:霜田光一(東京大学名誉教授)、R.L.Byer(Stanford Univ.)
組織委員長:中井貞雄(レーザー学会会長)
運営委員長:加藤義章(光産業創成大学院大学)
■統括主催:OPTICS & PHOTONICS International 協議会(OPI協議会)
■専門会議主催
・レーザー学会:「先進レーザーと光源技術」(Conference Chair:緑川克美)
・応用物理学会/日本光学会:「レーザーディスプレイ」(Conference Chair:黒田和男)
・レーザー医学会:「レーザー医療」(Conference Chair:菊地眞)
・レーザー学会:「高エネルギー密度科学の応用」(Conference Chair:兒玉了祐)
・大阪大学レーザーエネルギー学研究センター:「レーザー核融合エネルギー」(Conference Chair:畦地宏)
・レーザ加工学会、レーザー学会、中部レーザ応用技術研究会「CFRP等複合材料のレーザ加工」(Conference Chair:沓名宗春)
■論文投稿〆切は 12月20日となっており、詳細情報や、Web投稿、参加登録は以下のOPICのWebサイトからアクセスできます。
http://opicon.jp/

カテゴリー: イベント情報 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>