ヒヤリハットの収れん火災について

本年もよろしくお願いします。
新年早々恐縮ですが、皆さまは「収れん火災」という言葉をご存知でしょうか?
実は先日(1/​8)に自分の部屋の椅子(座面)に、5センチ×15センチ程燃えた​痕跡を発見しました。誰もタバコは吸わないし、部屋に発火物もな​いのでいぶかしく、妻を呼んだら「分かった。これはデスクの上の​鏡のせいじゃない?」と言うのです。成程、卓上にあった丸い置き​鏡は凹面鏡の部分が怪しい方向を向いていたので、事態を納得する​と共に、もし防炎素材でなければわが家が炎上していた可能性もあるのでに全くの「ヒヤリハット」でありました。
また光学関連の仕事についている者としては迂闊なことで反省しき​りです。
夕方や冬の方が、昼間や夏に比べて太陽の高度が低いため、室内に​太陽光がより差し込みやす、収れん火災が起きやすく、年間10数​件程度あるらしいとのこと。
皆さまも室内に凹面ミラーを置く際は場所にくれぐれご注意くださ​い。

カテゴリー: その他の記事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>